雨天時の競馬

Thoroughbred

当てた時の快感は倍以上!雨の天候における競馬予想

他のスポーツとは違い、競馬は極端な天候不良にならない限り雨でも実施されますが、その分予想は難しくなります。
芝は雨により水分を含んだ重い馬場になって競争馬も走りづらくなり、結果的に走破タイムが遅くなります。
一方、ダートで水分を含んだ状態はいわゆる「足抜きの良い」馬場状態となり高速化が進み、芝の時とは逆に走破タイムが速くなります。
G1を勝つような一流馬はこうした馬場の状況変化など関係ないほど強い場合が多いですが、基本的には天候の変化、馬場の変化に対応できる馬、いわゆる「道悪が得意な馬」を見つけ出す事が雨天時の予想の肝となるわけです。
予想を的中させるためには、良馬場を前提にして組み立てられている場合が多い新聞などの予想をあまり参考にせず、むしろ道悪になった時にどのような成績を残しているのか、それこそいろんなデータをつぶさに調べなければなりません。
普段より苦労は多くなりますが、独自に立てた「道悪馬場予想」がバッチリはまった時、普通の的中とは比べ物にならないほどの快感が全身を襲うことになるでしょう。
そういった部分でまた競馬の新たな魅力を発見する契機にもなるわけです。

雨が降ろうが風が吹こうが行われるのが競馬

競馬は、少々の雨ではまず中止になりません。
しかし、中止になる場合もあります。
それは台風が付近を通過することが明らかな場合、そして雪が降った場合です。
いずれも、交通がストップしてお客さんが来れないということもあるのですが、特に降雪の場合前が見づらくて危険ということもあります。
真冬の開催で途中から吹雪になり、その時点で中止になることがまれにあります。
雨の中で行われる競馬は、騎手も馬も大変です。
芝のレースの場合、日本の芝は滑りやすいと言われており、馬がのめってなかなかスピードが出ないことがよくあります。
しかし、そんな泥んこ馬場のほうが得意という馬もいますし、本当に強い馬は馬場の悪化などものともしません。
ダート競走の場合、水田の中を走っているのではないかと思うようなときがあります。
レースが終わって帰ってくるときは、馬も騎手も泥を浴びて泥人形状態です。
しかし、見ている観客もかなり大変です。
予想するための新聞は濡れますし、観客席に屋根はついているものの、風向きによっては濡れながらの観戦ということもあります。
意外と最も大変なのは観客かもしれませんね。

check

大阪で医療脱毛

最終更新日:2017/11/24

競馬の魅力

競馬の予想方法

当たる馬券

雨天時の競馬

競馬の統計

お問い合わせ

Copyright(C) 2015 Thoroughbred. All rights reserved.